I=FΔt

たのしい科学の伝統に立ち返る

*

教育思想史からみた仮説実験授業の位置づけ

      2018/11/06


 勤務先の関連の国際教育研究所からでている紀要に掲載した論文です。

 教育を科学的に研究するとはどういうことか− 教育思想史から見た仮説実験授業の位置づけ −『国際教育研究所紀要』(国際教育研究所)第27号(2017),pp.27-38.

 仮説実験授業と既存の教育学,教育思想史の中にどう位置付けるかということを考察したものです(教育学に関する部分は同僚の上北,熊谷による分担執筆)。大学に勤めるようになって,教育学に関する仕事をするようになったのをきっかけに書いてみたものです。

 はじめは,なかば強引に既存の教育学にこじつけて書いただけのつもりだったのですが,結果的に「我ながらうまくこじつけたかなぁ」という感じがしています。

 仮説実験授業研究会の友人数名に読んでもらったところ,思った以上に評判が良かったので,こちらでも紹介しておきます。

 以下,メールでいただいた感想の一部を若干編集した上で紹介します。

————-
K.M.さん

 論文ありがとうございました。一気に読みました。

 「授業書」という用語の翻訳についてい板倉先生がworkbookを良しとされなかったこと、に関係して問題解決学習の創案者としてのデユーイの名前を教採試験勉強以来久しぶりに思い出したくらいのもので、教育学史には疎いまま過ごしてきましたが、とても読みやすかったです。
わかりやすく「こじつけて」?くださったと思います。

 科学的教育研究の必要性指摘、おわりの文、いいですね。
 仮説実験授業に関心を寄せる方、教育問題に関心をお持ちのかたにご紹介したいものだと思いました。

————-
F.H.さん

 御紹介ありがとうございました、
とてもいいですね!、 予想以上でした。
今後の勉強のマップを得た頼もしい気持ちです。

 一気に読めました。

 再現性についての実験論は、広く受け入れやすいですね、
 それを軸にとても力強い論旨だったと思います。
 アブストラクトの英文に納得いきました。一方、仮説実験授業を論じるのに、予想論というか、認識論としての<実験>を欠くのを惜しみましたが、ここを抑制したのはすごいですね。

————-
H.T.さん

 塚本さんの論文「仮説実験授業と教育思想」拝読しました。

 すばらしいです。謙遜して、おっしゃっていましたが、このようにまとめていただくと、仮説以外の方に向けて仮説の教育思想を説明したいときに、紹介できる有効な論文と思いました。ありがとうございます。

————-

Follow me!


 - 仮説実験授業, 科学教育研究

  関連記事

科学実験機器のルーツ【3】静電気実験とたのしい科学実験講座

3-1最初の摩擦起電機の発明  最初の空気ポンプを作成したゲーリケはまた,最初の …

科学実験機器のルーツ【1】望遠鏡と顕微鏡 (2)

1-2科学研究と科学教育/啓蒙  現代の科学論文は英語で書くのが普通である。日本 …

no image
科学の古典から学ぶということ

——ボイル『粒子哲学に基づく形相と質の起源』からの学び方 …

no image
タイムトラベラーは未来から来ているか

面白い論文を見つけた。 ロバート・ネミロフ,テレサ・ウィルソン「インターネット上 …

木漏れ日
科学実験機器のルーツ【6】光の魔術-カメラオブスキュラと幻灯機

 ピンホールが像を結ぶことは古くから知られていた。古くはアリストテレスが日食の像 …

no image
高度の低い月が異常に大きく見えるわけ

低空にある月が,気味悪いくらい大きく見えることがある。 よくある説明が,「天頂近 …

no image
高3物理での〈コーヒー実験〉感想

 先日,高3物理の授業で「コーヒー実験」のプランを実施した。受験直前にもかかわら …

no image
すっとびボールの研究史

「すっとびボール」の研究史『物理教育』(日本物理教育学会)49巻6号(2001年 …

フランクリン
科学実験機器のルーツ【4】〈電流が磁石に及ぼす力〉の発見とモーターの発明

 雷の正体が電気であることは,フランクリンがその著書『電気の実験と考察』(175 …

科学実験機器のルーツ【5】電磁誘導の発見と誘導コイル,発電機の発明

5-1 電流による誘導現象の発見  磁石が鉄などの強磁性体を引きつけるとき,鉄は …

PAGE TOP