I=FΔt

たのしい科学の伝統に立ち返る

*

高度の低い月が異常に大きく見えるわけ

      2015/04/05


moon-182145_640

低空にある月が,気味悪いくらい大きく見えることがある。

よくある説明が,「天頂近くにある月は,まわりに比較対象がないために小さく見え,地平線近くの月は建造物などと比較するために大きく見える」というものだ。これは「ポンゾ錯視」というらしい。

しかし,たとえば高度の高い月をビルの谷間から眺めたり,物体を目の前において眺めて見ても,月が大きく見えるようにはならない。逆に地平線に建造物がほとんど見えない見晴らしのいい状態でも,月が気味悪いくらい大きく見えることがある。

そこで,この説明には私はずっと納得がいかなかった。しかし,数年前に説得力のある(と,私には思える)説にであった。

soyjoy
我々の脳は見た目の大きさ(視直径)だけで物体の大きさを判定しているのではない。たとえば,遠くにある山よりも,目の前においたお菓子の方が,視覚的には大きく見える。

だからといって,私たちはこのお菓子が山よりも巨大だとは思わない。物体までの距離をもとに脳が自動的に補正しているのだ。

その一方で脳は,天空をドームのような形状だと無意識に想定しているらしい。しかもその想定されたドームは半球ではなく,扁平している。横幅の方が天頂(天井)の高さよりもずっと長いドームだ。ちょうど東京ドームのような形状である。

dorm

そこで,天頂(天井)付近にいる月よりも,地平線近くにある月の方が,ずっと遠く(ドームの端)にあると,脳は認識してしまう。そのため,「ものすごく遠くであの大きさで見える低空の月は,天頂付近にいる月よりずっと巨大なんだ」と錯覚してしまうのだ。

この説が,どこまで実験的に確証を得ているものなのか,今のところ私は知らない。でも,ポンゾ錯視よりは説得力があるように私には思える。

私はこの説を,数年前,勤務先で英語の試験監督をしていたときに,出題されていた英文に書かれていたのを読んで知った。試験後に英語の教師に尋ねたところ,教科書(三省堂New Crownの当時の版)に載っていた文章だとのことで,指導書のコピーをくれた。それによると,出典はRobert L. Wolke What Einstein told his Barber の ”Fool Moon”というエッセイである。

今回,このエントリーを書くにあたって,amazonで調べたら,このWhat Einstein told his Barberのkindle版が出ていたので購入してみた。第5章Heavens above!の中に該当の文章を見つけることが出来た。

(余談)

ところで,今回知ったのだが,kindleってページ数が表記されないのだった(表記されるものもあるらしい)。紙の本と違って,デバイスによって表示される量が違うかららしい。そのかわり位置No.というのが表示されていて,これがページ数がわりになっている(それによるとFool Moonは位置No.2255のあたり)。でも,今後学術文献などでkindle本を引用する場合はどうしたらいいのだろうか。kindle版しかないならまだしも,紙書籍版と両方ある場合はどうするのかなぁ。

Follow me!


 - エッセイ, 科学教育研究

  関連記事

no image
科学の古典から学ぶということ

——ボイル『粒子哲学に基づく形相と質の起源』からの学び方 …

no image
好きなことを好きなだけやればいい

 職場で,生徒向けの卒業文集?のような冊子に寄稿した文章である。卒業生に向けたメ …

no image
酒好き

 ボクの友人はもれなくご存じだと思うが,ボクは酒が大好きである。  酒を飲んでし …

科学実験機器のルーツ【3】静電気実験とたのしい科学実験講座

3-1最初の摩擦起電機の発明  最初の空気ポンプを作成したゲーリケはまた,最初の …

スライムの除染(スライム事件その3)

 お気に入りのトラックボール(写真:ロジテックCT-100)は,もう廃盤になって …

食塩水がリンゴの褐変を防ぐのはなぜか

食塩水がりんごの褐変を防ぐのはなぜか『たのしい授業』(仮説社)No.466.(2 …

科学実験機器のルーツ【2】真空ポンプと真空実験(2)

2-4 楽しみごととしての科学教育  ボイルは資産家の貴族であり,ゲーリケは市長 …

フランクリン
科学実験機器のルーツ【4】〈電流が磁石に及ぼす力〉の発見とモーターの発明

 雷の正体が電気であることは,フランクリンがその著書『電気の実験と考察』(175 …

no image
科学開講展

 暮れに「親子孫で〈たのしい仮説実験〉ワークショップin大阪」(楽知ん研究所)に …

スライムに汚染された研究室(スライム事件その2)

スライム事件翌日。  出勤してキーボードを打っていると,なんか指先がベタベタする …

PAGE TOP