I=FΔt

たのしい科学の伝統に立ち返る

*

北米旅行記(2) トロントへ(オタクカップルと沈まない夕日)

      2015/04/05


成田からトロント行きに利用した航空機は,7月24日(火)午後5時20分発エア・カナダAC002便である。中程,翼のある場所の3人掛け窓際の席。搭乗時間は11時間50分。なかなかの長丁場である。
窓際の席の場合,外の景色を見ることができるのがメリットだろうが,翼の上なので,眺めはさほどよくない。しかも長距離便の場合,どうしても何度かトイレに席を立つことになる。こいう3人掛けのエコノミー席だと,トイレに行くときに,隣の2人に大変気を遣う。
今回マイレージ利用による航空券だったので,座席指定はできなかった。おそらく一番人気のない余りの席をあてがわれたのではないかと想像している。


隣の二人は白人の若いカップルであった。どうやらこの二人,オタクカップルらしく,テーブルの上にアキバあたりで買ってきたらしいフィギア?をテーブルに出して眺めたりしながら,いちゃいちゃしている。
もちろん,勝手にしてくれて構わないのだが,トイレに立とうと思って隣を見ると,男が女に甘えてもたれかかったり,チューしたりしている。「お取り込み中すみません」てな感じて,とっても行きにくい。実際,気を遣ってトイレに行くのを1時間くらいがまんしたことが数度あった…orz。
この便,成田発なので,もう少し日本人が多いかと思ったが,このカップルも含めてほとんどの乗客が欧米人だったのにも少し驚いた。
日本を出発するとき,とてもいい天気で,機内からはすてきな夕日が拝めた。このまま日が暮れるのかと思ったら,いっこうに夕日のままである。よく考えたら,飛行機が移動しているので,太陽の位置があまり変わらないのだ。
Exif_JPEG_PICTURE
日本出発が午後5時20分。トロント着が現地時間午後4時10分。つまり,ずっと夕方のままだった。飛行機が太陽を追いかけていたわけで,飛行機の速度は地球の自転速度とほぼ同じだったことになる。
【8月17日追記】: この最後の部分,完全に勘違いしていました。お恥ずかしい。その顛末を次回に書きました。

Follow me!


 - 北米旅行記2012

  関連記事

no image
北米旅行記(11)すごいぞ天然1号(大会3日目2012/7/29)

ペンシルバニア大学3日目,学会2日目に当たる今日は,午後に”hand …

no image
北米旅行記(16)フランクリンパフォーマンスとBattery Low!(大会4日目2012/7/30)

ここフィラデルフィアはアメリカ建国の父の一人とされるベンジャミン・フランクリンゆ …

no image
北米旅行記(26)フィラデルフィア自然史博物館(2012/8/1)

次に訪れたのが,フィラデルフィア自然史博物館 目玉の展示はやはり恐竜。  生きた …

no image
北米旅行記(7)ナイアガラの滝(2012/7/25)

トロントからはナイアガラの滝が近いので,ぜひ観光に行きたいと思っていた。B&am …

no image
北米旅行記(20)プリーズタッチ博物館(フィラデルフィア観光)(大会5日目2012/7/31)

ロッキーステップの後は,プリーズタッチ博物館(Please Touch Muse …

北米旅行記(18)イースタン州立刑務所跡(フィラデルフィア観光)(大会5日目2012/7/31)

昨日,自分の発表が終わってほっとしたので,この日は観光することにした。まず向かっ …

no image
北米旅行記(25)フィラデルフィア公共図書館その2(2012/8/1)

専門書に通じる通路がレファレンスルームを兼ねていた。ここで検索して,必要な書籍が …

no image
北米旅行記(4)トロント到着

トロント,ピアソン国際空港につくと,各国語の「歓迎」の挨拶が出迎えてくれる。しか …

no image
北米旅行記(12)なんでもアメリカンサイズの教材たち(大会3日目2012/7/29)

午後のワークショップは結局,1号も私と同じ”Hands on&#82 …

no image
北米旅行記(23)フランクリン科学博物館その2(2012/8/1)

 鉄球じゃなくて,ちょっとかわった衝突実験器。 ドミノ倒し。青い子達は,どこかの …

PAGE TOP