I=FΔt

たのしい科学の伝統に立ち返る

*

北米旅行記(18)イースタン州立刑務所跡(フィラデルフィア観光)(大会5日目2012/7/31)

      2015/04/05


昨日,自分の発表が終わってほっとしたので,この日は観光することにした。まず向かったのが,イースタン州立刑務所(ESP)である。
ここは,1829年から1971年まで運営された刑務所で,禁酒法時代のギャングの大ボス,アル・カポネが一時投獄されていたことでも有名である(詳細はWikipedia http://en.wikipedia.org/wiki/Eastern_State_Penitentiary)。
resize0091
フィラデルフィアの住宅地のはずれにあるので,歩いて向かう。


resize0090
途中立ち寄った公園では,専門学校生らしき学生に話しかけられた。なんかの実習で公園利用者にインタビューしたいということらしい。「自分は日本からの旅行者だから,あまり役に立てない」と答えると,「ニーハオ」と挨拶された。「それは中国の挨拶だ」と答えると,「中国と日本はどちらが大きいのか」と聞かれた…orz。一般人の日本に対する認識なんて,その程度なのだろう。
resize0092 resize0093
刑務所跡の外壁に到着。
resize0094
刑務所前の通りはこんな感じである。

resize0100 resize0101 resize0102 resize0103

Wikipediaのアル・カポネの記事を見ると,アルカポネ晩年の獄中での待遇はさほどよくなかったようだが,このESPは,カポネ全盛期に,一時世間の非難を逃れるために自作自演で刑務所に入った時のようである。

resize0104

したがって,こんな特別待遇の部屋に入っていたらしい。
resize0110 resize0112 resize0113 resize0114

ちなみに,一人だけ脱獄に成功した囚人がいて,上の写真はその脱出した独房の穴と,逃げたトンネルの経路。これだけのトンネルを掘ったなんてスゴイ。まるで映画「ショーシャンクの空に」みたいだ。しかし,塀の外ですぐに捕まってしまったそうです。

resize0115

これは復元された礼拝堂。きれいに復元されすぎていてまったく面白くない。ちなみに,下の写真はこの礼拝堂の隣の部屋(立ち入り禁止)を換気扇の窓から撮影したもの。こちらのほうがずっといいなぁ。


ここは2階の立ち入り禁止部分の手前から。整備された観光場所より,こういった何も手が入らず朽ちてる部分にひかれる。

Follow me!


 - 北米旅行記2012, 米国物理教師学会(AAPT)年会参加記(2012)

  関連記事

no image
北米旅行記(9)大会1日目〔受付〕(2012/7/27)

今日はこの旅の主目的である米国物理教師学会の大会に参加すべく,フィラデルフィアに …

no image
北米旅行記(6)トロント1日目(2012/7/24)その2

トロントの緯度は札幌より高く,しかもサマータイムを導入しているため,この時期は9 …

no image
北米旅行記(1)成田発

この夏に,北米旅行に出かけた。 本来の目的は,アメリカ物理教育学会(AAPT)の …

no image
北米旅行記(4)トロント到着

トロント,ピアソン国際空港につくと,各国語の「歓迎」の挨拶が出迎えてくれる。しか …

no image
北米旅行記(17)ポスター発表とトロフィーのようなカクテル (大会4日目2012/7/30)

口頭発表が終わったと思ったら,この後にポスター発表が午後8時30分からある。まだ …

no image
北米旅行記(21)中国の実験デモショー–学会5日目 (2012/7/31)

この日の夜9時からは,中国からの実験デモショーがあるという。会場は大学街のヒルト …

no image
北米旅行記(20)プリーズタッチ博物館(フィラデルフィア観光)(大会5日目2012/7/31)

ロッキーステップの後は,プリーズタッチ博物館(Please Touch Muse …

no image
北米旅行記(3)飛行機は太陽を追いかけていなかった…orz

前回の記事で,「飛行機が太陽を追いかけていたことになる」とえらそうに書いたが,あ …

no image
北米旅行記(11)すごいぞ天然1号(大会3日目2012/7/29)

ペンシルバニア大学3日目,学会2日目に当たる今日は,午後に”hand …

no image
北米旅行記(24)フィラデルフィア公共図書館(2012/8/1)

フランクリン博物館の次は,フランクリンが設立した公共図書館のルーツ,フィラデルフ …

PAGE TOP