I=FΔt

たのしい科学の伝統に立ち返る

*

科学実験機器のルーツ【6】光の魔術-カメラオブスキュラと幻灯機

      2017/11/24


木漏れ日

木漏れ日

日食の木漏れ日(2012.5.21.塚本撮影)


 ピンホールが像を結ぶことは古くから知られていた。古くはアリストテレスが日食の像を木漏れ日に見いだした記録がある。

 そこで,目を痛めずに日食を観察する方法として,真っ暗にした部屋にピンホールをとりつけて観察する方法が普及した。
ノートン

カメラオブスキュラ
ノートン『自然哲学の基礎』(1870)p.243.


カメラオブスキュラ2

下に投影するカメラオブスキュラ
カムストック『自然哲学』(1846)p.229















カメラルシダ

カメラ・ルシダ
ホッグ『実験自然哲学の基礎』(1861)p.396







 太陽の光を反射した外の景色も,ピンホールを通じて暗い部屋の壁に映り込むが,その像は暗い。そこで,ピンホールの代わりにレンズを用いて,明るい像を得る工夫がなされた。この〈暗い部屋〉を17世紀初めヨハネス・ケプラーは「カメラ・オブスキュラ」と呼んだ。カメラ・オブスキュラとは,まさに「暗い部屋」という意味である。

 カメラ・オブスキュラの発明者ははっきりとはしていない。ジャンバッティスタ・デッラ・ポルタ(1538-1615)が『自然魔術』(1558)で詳しく記述したために,発明者とされることが多かったが,現在ではレンズがついたカメラ・オブスキュラの発明者はジェロラモ・カルダーノ(1501-1576)の可能性が高いと考えられている。

幻灯機

幻灯機
キルヒャー『光と影の大いなる術』(1646)
ゴドウィン,川島昭夫訳『キルヒャーの世界図鑑』(工作社)p.212

オザナム

オザナム『数学のたのしみごと』(1708)p.479.
ほとんどキルヒャーの図からの引き写しである

 カメラ・オブスキュラは絵画の道具としても用いられ,フェルメールの作品の多くはカメラオブスキュラを用いて描かれたという。

 カメラ・ルシダは,カメラオブスキュラとは違い,プリズムを用いて片目で対象物を,もう一方の目で紙を見て二つの像を重ね合わせて描く装置で,1804年にウォラストンによって発明されたとされている 1 2 3

 携帯用カメラオブスキュラを記したアタナシウス・キルヒャー(1601-1680)は,最初の幻灯機を作成した人物としても知られる 4

 カメラ・オブスキュラを詳しく記したポルタ,幻灯機を発明したキルヒャーらの著書は,神の愛あるいは女性の美まで含む森羅万象を論じたものだった 5 6

 それに対してガリレオにはじまりボイルたちが受け継いだ近代科学は,たとえば落下運動という個別的な事象について仮説実験で確かめることのみを扱った。その意味で,ポルタやキルヒャーは,近代科学以前の人物だったと言える。

テント型

テント型カメラオブスキュラ
デシャネル『自然哲学』(1876)p.941

テント

阿久津浩が作成したテント型カメラオブスキュラ

内部

テント型カメラオブスキュラ内部

 なお,NPO法人楽知ん研究所の阿久津浩は,テント型カメラオブスキュラを現代に復元・作成している。

(ひとまず,これで終わり)

Follow me!


Notes:

  1. 永平幸雄・河合葉子編著『近代日本と物理実験機器 京都大学所蔵明治・大正期物理実験機器』(京都大学学術出版会2001)p.183
  2. ハモンド著,川島昭夫訳 『カメラ・オブスクラ年代記』(原著1981,訳2000朝日新聞社)p.188
  3. ステッドマン著,鈴木光太郎訳『フェルメールのカメラ』(原著2001,訳2010新曜社)p.396
  4. 前掲ハモンド p.42
  5. G・デッラ・ポルタ著澤井繁男訳『自然魔術』(原著1558,青土社1990)
  6. ゴドウィン著,川島昭夫訳『キルヒャーの世界図鑑』(原著1979,工作社1986)

 - 科学実験機器のルーツ, 科学教育史, 科学教育研究 ,

  関連記事

仮説実験授業紹介の英語論文

Mechanics programmes under the japanese …

no image
タイムトラベラーは未来から来ているか

面白い論文を見つけた。 ロバート・ネミロフ,テレサ・ウィルソン「インターネット上 …

フランクリン
科学実験機器のルーツ【4】〈電流が磁石に及ぼす力〉の発見とモーターの発明

 雷の正体が電気であることは,フランクリンがその著書『電気の実験と考察』(175 …

科学実験機器のルーツ【2】真空ポンプと真空実験(2)

2-4 楽しみごととしての科学教育  ボイルは資産家の貴族であり,ゲーリケは市長 …

追悼:板倉聖宣先生

 本日2018年2月7日,私の師である板倉聖宣先生が逝去されました。写真は私が当 …

科学実験機器のルーツ【1】望遠鏡と顕微鏡 (2)

1-2科学研究と科学教育/啓蒙  現代の科学論文は英語で書くのが普通である。日本 …

no image
科学の古典から学ぶということ

——ボイル『粒子哲学に基づく形相と質の起源』からの学び方 …

科学実験機器のルーツ【2】真空ポンプと真空実験(1)

2-1 トリチェリによる真空の発見  ガリレオの研究は原子論的世界観に基づくもの …

no image
科学開講展

 暮れに「親子孫で〈たのしい仮説実験〉ワークショップin大阪」(楽知ん研究所)に …

no image
高校での仮説実験授業

『たのしい授業カレンダー(たのしい授業臨時増刊号)』(2012年4月,仮説社)に …

PAGE TOP